どや顔サミットで取り上げられたバストアップ法って?

これから、どや顔サミットで取り上げられたバストアップ法について説明したいと思います。

それは戸瀬恭子さんのバストアップ法です。

・ツボ
・マッサージ

最初はツボですが、ツボを刺激することでバストアップ効果があるんですね。

そのどや顔サミットで紹介されたツボは神封です。

胸 小さいことで悩んでいいる子ってけっこう多かったりするよね。

左右の乳頭を直線で結ぶと、その中心から指2本程度外側にあるツボです。

触っていくと、少しくぼみがあります。

そこを刺激すると女性ホルモンの分泌が促進されます。

やり方は1日数回、数秒間、神封を押すだけですので、自宅でできますよね。

次はマッサージですが、これはリンパの流れを改善することを目的としています。

まずは肩甲骨や脇などのバスト周辺に溜まっている老廃物を首筋までさすりながら運ぶことでリンパの流れが良くなります。

その後はバストの下から上にさすり上げます。

これによってお椀型の美しいバストになるんですね。

ツボ押しとマッサージを繰り返すことで、バストアップの効果が出るんですね。

乳製品は効果があるの?

ヨーグルトなどの乳製品は女性がよく食べているイメージがあります。

やはり美しくなるのは、乳製品って欠かせないんでしょうか?

またバストアップにも効果があるんでしょうか?

これから、乳製品とバストアップの関係について説明します。

こういったバストアップサプリエンジェルアップ口コミの評判でも言われているのガイソフラボンなどですね。

・タンパク質
・食物繊維

最初はタンパク質ですが、ヨーグルトだけでなく牛乳やチーズにはタンパク質が含まれています。

タンパク質は筋肉を作るだけでなく、女性ホルモンのバランスを整えるのでバストアップには持って来いの食品なんですね。

次に食物繊維ですが、これは主にヨーグルトに含まれています。

腸内の環境を良くし便秘を治します。

便秘が続くと、体重が増加し腹が出てきてバストが強調されません。

しかし腸内環境が整って排便がスムーズだと、体重も減りウエストも細くなります。

そうすればバストも強調されるんですね。

注意しなければいけないのは1回食べればいいというわけではなく、継続しなければ効果はないということです。

鳥料理は効果があるの?

バストアップには鳥肉を食べたほうがいいんですね。

これから鳥肉とバストアップの関係について説明します。

・タンパク質
・低カロリー

鳥肉に限らず、肉にはタンパク質が多く含まれています。

このタンパク質というのは、人間の体を作るのに非常に重要な栄養素です。

スポーツ選手は特に体を作るために頻繁に摂っています。

バストも人間の体の一部ですので、タンパク質を摂ることで大きくなるんですね。

またタンパク質は女性ホルモンのバランスを整える効果もあり、女性には必要な栄養素なんですね。

次に低カロリーですが、「肉をたくさん食べてバストアップしたはいいが、ぜい肉までついちゃいました」ってことがあります。

肉というのはカロリーが高いんですね。

しかし、鳥肉は低カロリーなので太る心配がありません。

とくに「ささみ」は鳥肉の中でもカロリーが低く、スポーツ選手やダイエットしている人にも人気です。

もしバストアップしたいなら、鳥肉がいいですね。

魚って効果があるの?

バストアップには魚を食べたほうがいいでんすね。

なぜ魚が効果があるのか?

これから魚とバストアップの関係について説明します。

・たんぱく質
・なぜ、肉じゃだめなのか?

最初はたんぱく質ですが、これは人間の筋肉や脂肪を作るのに必要な栄養素です。

女性のバストは脂肪で出来ているので、大きくするにはたんぱく質が欠かせません。

次に「なぜ、肉じゃだめなのか?」ですが、たんぱく質ならば肉にもたくさん含まれています。

ここで肉ではなく魚を勧めるのは、肉は食べ過ぎると太るからです。

肉には悪玉コレステロールが多く含まれており、食べ過ぎると肥満になるだけでなく、生活習慣病などになります。

その反面、魚は善玉コレステロールが多く含まれており、血栓などを防ぎます。

いくらバストアップしたからと言って、ウェストも増えていたら意味がありません。

バストは大きく、ウェストは細くというのが理想のボディですよね。

ですので、魚を食べてスタイルを良くしましょう。

アボカドって効果があるの?

「バストアップにはアボカドがいい」という言葉をよく聞きます。

アボカドは女性に人気のある野菜ですが、どこがバストアップに効果があるのでしょうか?

・ビタミンB6
・ビタミンE

もしかしたらぺちゃぱいも貧乳も治るかもしれません。

最初はビタミンB6について説明します。

女性のバストアップするには、体内でエストロゲンが分泌されることが必要です。

ビタミンB6は食べることで、このエストロゲンの分泌を活発にする働きがあるんですね。

またエストロゲンが多く分泌されることで、美肌や更年期障害にも効果があります。

次にビタミンEですが、これは女性のホルモンバランスを調整する働きがあります。

ホルモンバランスが崩れると、バストアップはおろか自律神経失調症や老化が早まったりします。

アボカドは単品で食べるよりも、何かの付け合せで食べることが多いですよね。

ですので、筋肉や脂肪を大きくさせるたんぱく質が豊富な鳥のささ身とサラダで一緒に食べれば効果抜群ですよね。

アボカドは女性が総合的に美しくなる食品です。

乳製品って効果があるの?

大きい胸って女性の憧れですよね。

私もバストアップのために、筋力トレーニングなど日々努力しています。

食事関して乳製品は効果があると聞きましたが、どのように効果があるんでしょうか?

・たんぱく質
・ヨーグルト

最初はたんぱく質ですが、乳製品には良質のたんぱく質が豊富に含まれています。

たんぱく質は人間の筋肉を作る働きがあるので、トレーニングなどを行っている人はより効果が出ます。

また女性ホルモンも活発にするので、乳製品は女性を美しくする食べ物なんです。

次にヨーグルトですが、乳製品の中でもヨーグルトがお勧めです。

その理由としては、先述のように良質のたんぱく質を多く含んでいるほかに、整腸作用があるからなんです。

便秘の女性は代謝が低くなり、太りやすくなります。

しかし、弁の通りが良いと代謝が上がり、スリムなボディになりますのでバストが強調されるんですね。

またカルシウムも含んでいるので、丈夫な体になります。

乳製品を摂って中から美しくなりましょう。

野菜は効果があるの?

野菜は体に良いので、病気や肥満にも効果があります。

当然、バストアップにも効果があるんです。

これからバストアップに効果のある野菜を紹介していきます。

・グリーンピース
・ほうれん草
・トマト

最初はグリーンピースですが、結構クセがあるので避けてしまいますよね。

でも、このグリーンピースは大豆と同じイソフラボンが含まれています。

イソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをするので、バストアップには効果抜群です。

次にほうれん草ですが、この野菜にはベータカロチンが多く含まれています。

ベータカロチンは体内でビタミンAに変わり、このビタミンAは肌のハリにとても効果があります。

それにより、いつまでもハリのあるバストを保つことができるんですね。

最後はトマトですが、トマトにはリコピンという栄養素が含まれています。

この栄養素は老化防止に効果があるので、バストが下がることを防ぎます。

また先述のビタミンAも含んでおり、バストアップの総合食品と言えます。

レバーって効果があるの?

芸能人がレバーを食べていたらバストアップしたとテレビで言っていました。

レバーってバストアップに効果があるんでしょうか?

これからレバーとバストアップの関係について説明します。

・たんぱく質
・亜鉛

最初はたんぱく質ですが、この栄養素は人間の体を作るもととなります。

たんぱく質は脂肪や筋肉を作る働きをします。

バストの90パーセントが脂肪ですので、バストアップに効果があります。

次に亜鉛ですが、この栄養素もレバーに多く含まれています。

亜鉛はホルモンの分泌量を調整する効果があるので、バストアップに効果があるんですね。

またバストは老化とともにハリが無くなっていきます。

加齢とともにバストが垂れてくる可能性がありますが、この亜鉛は老化防止に効果があることから、いつまでもハリのあるバストが保てます。

サプリメントでも摂取することができますが、採り過ぎると体調不良を起こすことがあります。

ですので、摂取する時は量を守りましょう。

ザクロって効果があるの?

バストアップするにはざくろを食べたほうが良いんですね。

なぜ、ざくろが効果があるんでしょうか?

これからざくろとバストアップの関係について説明します。

・植物性エストロゲン
・採り過ぎ注意

最初は「植物性エストロゲン」ですが、この栄養素は体内に入ると女性ホルモンと同様の働きをするんですね。

エストロゲンはバストアップはもちろんですが、美肌効果や骨も強くし自律神経にも効果がありますので、女性にとって総合健康栄養素と言ってもいいでしょう。

次に「取り過ぎ注意」ですが、美容に良いエストロゲンはたくさん採ればいいじゃないかと思いますが、実は採り過ぎると体調を悪くします。

具体的にはホルモンバランスを崩すだけでなく、ひげなどの男性化、生理不順、不妊、最悪の場合はガンになる可能性があります。

摂取することは重要ですが、しっかり1日の摂取量を守りましょう。

もし、体調が優れないことがある場合は体に合わないこともありますので無理して摂取はやめましょう。

胸を大きくしたい、胸を大きくする方法

お肉を食べればバストアップする?

バストアップさせるには栄養も大事ですよね。

お肉もバストアップするのに必要です。

これからお肉とバストアップの関係について説明します。

・たんぱく質
・採り過ぎ注意

最初はたんぱく質ですが、牛肉、豚肉、鳥肉には多くの動物性たんぱく質を含んでいます。

このたんぱく質は体を発達させる効果があります。

またバストはほとんどが脂肪で出来ており、その脂肪を増やす効果もあります。

次に「採り過ぎ注意」ですが、上記の説明だとお肉をたくさん食べればいいと勘違いしがちですが、それは間違いです。

お肉はコレステロールが高いので、食べ過ぎると太ります。

たしかに太っている女性はバストが大きいですが、それは綺麗なボディラインとは違いますよね。

もし肉料理でバストアップをはかるのであれば、同時にエクササイズも取り入れましょう。

これは体をスリムにするだけでなく、たんぱく質の吸収も助けます。

また鳥肉のささみはたんぱく質が豊富で脂肪分が少ないことからバストアップには良いでしょう。

キャベツって効果があるの?

ある有名人がキャベツを頻繁に食べたらバストアップしたとテレビで発言していました。

キャベツってバストアップに効果があるんでしょうか?

これからキャベツとバストアップの関係について説明します。

・ボロン
・食べ方

最初はボロンですが、この栄養素はキャベツに多く含まれています。

このボロンは女性ホルモンの働きを助ける効果があり、バストアップに効果があるんですね。

それだけでなくキャベツは食物繊維が含まれていますので、便秘に効果があります。

便の調子が良いと腹部がスリムになりバストが強調されるんですね。

骨粗鬆症にも効果があるので、キャベツは女性の味方なんです。

次に食べ方ですが、このボロンという栄養素は熱に弱いので生で食べる事を勧めます。

ですので食べ方はサラダや千切りを勧めます。

1日の摂取量は3mgであり、人によっては生野菜が苦手な人もいますので、そのような場合はサプリメントで摂取するのも良いでしょう。

しかし過剰摂取すると体調を崩しますので注意しましょう。

大豆って効果があるの?

女性であるならば、綺麗なスタイルに憧れますよね。

日々バストアップ努力も大事ですが、それには食事も大事なんですね。

実は大豆がバストアップに効果があります。

これから大豆とバストアップの関係について説明します。

・イソフラボン
・採り過ぎ注意

最初はイソフラボンですが、これは大豆に含まれている栄養素なんですね。

このイソフラボンは体内に吸収されると女性ホルモンと同じ働きをします。

女性ホルモンが分泌されるとバストアップだけでなく、くびれが出来るようになります。

また美肌効果もあるので、女性にとって味方なんですね。

次に「採り過ぎ注意」ですが、イソフラボンは美容に効果があるのであれば、食事ではなくサプリメントで直接多く摂取すればいいですよね。

実はこのイソフラボンは取り過ぎると生理が止まってしまったり、体調を崩す原因になるんですね。

ですので食品安全委員会も1日の摂取量を制限しています。

しかし、これはサプリメントの場合であって、食事で摂取する場合は除きます。

バストアップ 相互リンク集